救われた命 役立てたい 被害に遭った中野さん 高齢者のリハビリ支える

2019/4/25付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

大学1年生の時、福知山線脱線事故で重傷を負った中野皓介さん(32)は現在、作業療法士として地域の高齢者らのリハビリ指導にあたる。災害時には避難所で被災者にも寄り添う。

4月中旬、大阪府摂津市の保健センター。集まった地域の高齢者に中野さんがリハビリ教室を開いていた。「できる範囲でいいですよ」。歩行運動などを補助しながら、笑顔で会話を交わす。少しずつ体が動かせるようになる姿を見ると、やりがいを感じる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]