/

この記事は会員限定です

賞味期限、年月表示に

日付省き購買変化を期待

[有料会員限定]

食品ロス低減のため、メーカーでは賞味期限表示を「年月日」から「年月」への変更も進んでいる。アサヒグループ食品は5月までに「和光堂」ブランドのベビーフードなど約200品を、キユーピーも野菜などを使った加工食品の一部を今年3月製造分から、年月表示に切り替えた。味の素も2018年までに主要な賞味期間1年以上の調味料や加工食品について、「年月」表示にした。

消費者はより賞味期限の日付が後の商品を店頭で選ぶことが多い。年月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り284文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン