/

この記事は会員限定です

海運大手3社、業績復調

今期 世界景気の悲観論後退

[有料会員限定]

海運大手3社の2020年3月期業績は復調する。日本郵船川崎汽船は連結経常損益が黒字に転換する。商船三井は前期比7割増える。世界経済に対する過度な悲観論が後退し、悪化が続いていたばら積み船などの海運市況に一部底入れの兆しが出ている。前期に大幅な赤字だった3社出資のコンテナ船会社の業績回復も寄与する。

日本郵船の今期経常損益は400億円程度の黒字となりそうだ。川崎汽船も小幅な経常黒字に転換する。商船三井の経常損益は前期の会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り349文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン