2019年6月25日(火)

企業「ルール必要」4割 学生側、早期化を懸念

2019/4/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

経団連にかわり、政府が現行の就活ルールを当面維持する方針だ。日本経済新聞社が主要100社を対象にした調査では、ルールは「必要」と答えた企業が44.1%で、「不要」(12.8%)を大きく上回った。

企業が説明会などの採用活動にあたって自主的に守るルールとして、経団連は「採用指針」を定めている。

現在は企業の面接開始の解禁は大学4年生の6月だ。だが外資系やベンチャー企業など経団連に加盟していない企業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

協議会であいさつする経団連の中西会長(左)(22日、東京・大手町)

通年採用で就活転換、専門性必須に[有料会員限定]

2019/4/23付

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報