/

この記事は会員限定です

時価総額の増加、トヨタがトップ

平成の30年間 キーエンス2位

[有料会員限定]

平成から令和までの30年間では、世界で成長するグローバル企業が市場の評価を高めた。30年で時価総額を最も増やしたのはトヨタ自動車だった。キーエンス日本電産などが続いた。日本が人口減とバブル崩壊後の低成長に直面するなか、アジアを中心にした新興国の成長を取り込んだ。一方、時価総額が減った企業は、NTT東京電力ホールディングスなど長く規制で守られてきた産業などが並んだ。

1面参照

トップのトヨタ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り735文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン