自民候補、無党派に浸透せず 大阪13%、沖縄は23%

2019/4/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

21日投開票の衆院大阪12区、沖縄3区両補欠選挙で、共同通信が実施した出口調査によると、「支持する政党はない」と答えた無党派層のうち自民党候補に投票したのは、大阪12区では13.6%、沖縄3区では23.8%にとどまった。無党派層に浸透できておらず、夏の参院選を前に課題が浮き彫りとなった形だ。

無党派層から最も多くの支持を集めたのは、大阪12区では無所属元職の樽床伸二氏で40.7%。日本維新の会新…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]