自民、参院選へ立て直し
10年ぶり補選敗北、政権「緩み」警戒 衆参同日選臆測も

2019/4/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

自民党は21日投開票の衆院大阪12区と沖縄3区の補欠選挙で、国政の補選として10年ぶりの敗北を喫した。同日実施された統一地方選後半戦では堅調に議席を獲得しているが、閣僚の失言など「長期政権の緩み」への指摘は多い。夏の参院選に向けて立て直しを急ぐ構えだ。安倍晋三首相が補選敗北の挽回をにらみ衆参同日選に踏み切るのではとの臆測も出ている。(1面参照

自民党の二階俊博幹事長は21日夜、自民党本部で2補…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]