/

この記事は会員限定です

トヨタ・ソフトバンクG、自動運転コスト減狙う

ウーバーに出資発表

[有料会員限定]

トヨタ自動車ソフトバンクグループ(SBG)のMaaS(移動サービス)分野の連携が加速している。19日にデンソーを含む3社で米ライドシェア最大手、ウーバーテクノロジーズの自動運転部門に10億ドル(約1100億円)を出資すると発表した。2018年に共同出資会社の設立を決めたトヨタとSBGはウーバーとの関係を強化しライドシェア向け自動運転車のコスト低減に挑む。

トヨタなどはウーバーの自動運転開発部門...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り763文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン