75歳以上世帯が4分の1 2040年推計
単身は500万人超 介護・年金変革迫る

2019/4/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

国立社会保障・人口問題研究所は19日、2040年までの世帯数の将来推計(総合2面きょうのことば)を公表した。40年には世帯主が75歳以上の世帯が1217万と、全体の4分の1を占める。一人暮らしは全体で1994万人と全世帯の約4割となり、75歳以上の一人暮らしも500万人を超える。高齢の「お一人様」の存在感が高まることで、社会保障や生活インフラは大きな変化を迫られる。(関連記事総合4面に)

同研究…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]