/

この記事は会員限定です

ドコモ5年ぶり営業減益

今期、通信料金下げ響く

[有料会員限定]

NTTドコモの業績が縮小に転じる。本業のもうけを示す連結営業利益は2019年3月期に約1兆円と前の期を小幅に上回り、15年ぶりの水準となったもよう。ただ、20年3月期は最大で2割の営業減益となる見通しだ。

6月から始める携帯電話の通信料金の引き下げが響くためで、コスト削減などでは補いきれない。通期で営業減益となれば、15年3月期以来、5年ぶりのこととなる。

ドコモは携帯電話の新しい料金プランについて、家族利用...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り326文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン