/

この記事は会員限定です

国際金融 ドル覇権に風穴も

[有料会員限定]

ブロックチェーンは国際金融の秩序をも揺るがす可能性を秘める。これまでの貿易決済はドルが中心で、各国の為替介入の原資となる外貨準備もそれに応じてドル比率が高かった。これがドルが基軸通貨たるゆえんだ。だが仮想通貨を生んだブロックチェーンは国際取引に強みを持つ。米リップルなど国際決済を担うスタートアップが安価な手数料や決済速度を武器に新たな金融インフラを根付かせれば、将来はドルの存在を脅かす「風穴」がで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り657文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン