/

この記事は会員限定です

住民の預貯金情報 自治体からの照会 電子化

埼玉りそな銀、郵送費削減・書式統一も 事務負担を軽減

[有料会員限定]

埼玉りそな銀行は埼玉県内自治体からの預貯金情報などに関する照会業務のデジタル化を進める。情報サービス業のAGSNTTデータと協力し、電子データを安全に授受できる仕組みを整える。書類の郵送やデータ入力などの負担を行政と銀行双方で削減するのが狙い。同行以外の金融機関にも参加を呼びかけ、県全体の行政サービスの効率化につなげる。

対象とするのは、自治体が金融機関に依頼する住民らの預貯金などに関する照会業務。税公金納付や生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り794文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン