/

この記事は会員限定です

特許権者が優位に

クアルコム株、2割強上昇

[有料会員限定]

米アップルと米クアルコムの和解は、次世代通信規格「5G」の重要特許の使用許諾交渉にも影響しそうだ。あらゆるモノがネットにつながるIoT分野で必須の技術開発や交渉において、クアルコムのような特許権者に有利な情勢を定着させるとの見方が強い。

16日の米国株式市場でクアルコムの株価は前日比2割強上昇した。1日の上げ幅としては約20年ぶりの大きさだ。

5Gの重要特許はIoT分野で威力を発揮する。他社が代...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り636文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン