5G半導体、消えた選択肢
アップル、クアルコムと和解 調達ならず苦渋の決断

2019/4/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米アップルは16日、2017年から続いていたスマートフォン(スマホ)の特許をめぐる米半導体大手クアルコムとの知的財産紛争で全面和解したと発表した。取引を再開し、2020年をめどに発売する「iPhone」向けに次世代規格5Gに対応する通信半導体を供給してもらう。米インテルからの調達がかなわず、アップルには和解しか選択肢はなかった。

「スマホ向けの通信半導体事業では収益化の明確な道筋がないことが明ら…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]