2019年8月19日(月)

核燃料取り出し、4年遅れ 福島第1原発3号機で着手 高い放射線量、工程険しく

2019/4/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京電力は15日、福島第1原子力発電所3号機の使用済み核燃料プールから燃料の取り出し作業を始めた。クレーンを遠隔操作して原子炉建屋上部にあるプール内の566体を2020年度中に取り出す予定だ。計画から4年以上遅れたうえ現場は放射線量が高く、作業は難航も予想される。

3号機の原子炉建屋は水素爆発で損傷し、再び大きな地震や津波に襲われると建物や機器が壊れる懸念がある。プールからの燃料取り出しは廃炉工…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。