シェアオフィス陣取り合戦
TKP、世界大手の日本事業500億円で買収 収益確保に課題

2019/4/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

急成長するシェアオフィス市場で陣取り合戦が激しくなっている。15日には貸会議室大手のティーケーピー(TKP)が、「リージャス」などのブランドでシェアオフィスを世界展開するIWG(スイス)から日本事業を買収すると発表した。ソフトバンクグループが出資し、拠点を急拡大する米ウィーワークなどに対抗する。シェアオフィスは働き方改革やスタートアップ企業の増加で需要が拡大している。競争が激化するなか、今後は収…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]