日本式温泉、アジア癒やす
中国や東南ア進出加速 訪日で風呂文化に親しみ

2019/4/15付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【大連=渡辺伸】日本式の温泉や温浴施設がアジアで広がっている。中国や台湾で日本企業などが進出を加速し、東南アジアへの出店も始まった。インバウンド(訪日外国人)の増加により、日本の風呂文化への親しみが増したことが背景にある。世界の温泉市場は2022年までに17年比で4割弱増える見通し。地元政府が観光資源として誘致する動きもあり、運営業者の競争が激しくなっている。

日本で約40カ所の温浴施設を運営す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]