/

コード決済の普及、いばらの道

池尾和人 立正大学経済学部教授

[有料会員限定]

多くの企業がバーコードやQRコードを用いた決済サービスに参入している。しかし、既に普及する非接触型の電子マネーに比べ決済速度など利便性が劣る。ポイント還元などの取り組みは、キャンペーンが終われば効果もなくなる。低コストなどを強みに、広範な店舗で利用可能になること以外に普及策はない。

現状、きわめて多くの企業がバーコードまたはQRコードを用いた決済サービス(以下、コード決済サービス)に参入しており、今...

この記事はヴェリタスビューアーご購読者限定です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン