/

この記事は会員限定です

子供の医療費「無料」限界

兵庫・三田市、助成縮小にカジ

[有料会員限定]

全国で多くの自治体が子ども医療費の無料化など助成制度を拡充するなか、大阪や神戸のベッドタウンの兵庫県三田(さんだ)市が制度縮小にカジを切った。少子高齢化に伴う財政難や老朽インフラの改修に備えての決断だ。子育て世帯に好評だっただけに反発は残るものの、全国でも珍しい取り組みは過剰受診の抑制効果を上げつつある。

96%が負担増加

三田市は2018年6月まで、世帯の収入に関係なく0歳~中学3年生までの外来や入院にかかる医療...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1468文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン