日本電産、新型車載レーダー 自動運転用 小さな障害物も察知

2019/4/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本電産は12日、自動運転に使われる新しい車載部品を発表した。新型アンテナで精度を高めたレーダーを開発。小さな障害物なども察知しやすくなり、自動での車庫入れなどがしやすくなる。自動運転の開発競争が激しさを増しており、車載事業に注力して成長につなげる。

自動車の低速走行やバックの際、新型レーダーは電波を使って障害物や周辺状況を高い解像度で探知する。従来は遠距離の周辺状況の探知には電波を使っていたが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]