講師不足・少子化で閉塞感

2019/4/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

エドテックが進む背景には、大人数に同様の教材や指導を提供するスタイルで成長した受験業界大手が、市場の変化に対応しきれていない現状がある。大手予備校「代々木ゼミナール」は15年に校舎の大量閉鎖に追い込まれた。大手は集団から個別指導へのシフトを急いでいる。

ベネッセは通信教育の教材を使った個別指導塾を3月に7カ所新設し、48教室体制にした。栄光ゼミナールを展開するZ会HDも18年に個別指導塾の新ブラ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]