/

この記事は会員限定です

著作権70年時代の出版界

権利者不明作品の活用が鍵

[有料会員限定]

昨年末に改正著作権法が施行され、著作権の保護期間が作者の死後50年から70年に延長された。出版業界では、著作権者やその継承者が不明で出版ができない「孤児作品(オーファンワークス)」の増加を懸念する声が大きい。権利者団体が3月に東京都内で開いたシンポジウムでは、作者自らが死後の権利の扱いを決めておく「著作権の『終活』を進めるべきだ」(弁護士の福井健策氏)といった提言が相次いだ。

シンポジウム「著作権...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り725文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン