/

この記事は会員限定です

「昭和の店」が人気 店主の個性、若者魅了

[有料会員限定]

昭和から続く飲食店が人気だ。といっても高齢者の懐古趣味ではない。ここ数年「若い料理人やソムリエやコーヒー焙煎(ばいせん)師たちが、昭和の店の話をキラキラとした目で語ることがたびたびあった」。飲食業に詳しい文筆家の井川直子さんが、著書「変わらない店 僕らが尊敬する昭和 東京編」(河出書房新社、2018年)で指摘している。

同書は若い料理人などが尊敬する昭和の店を紹介する。ある日本料理店のベテラン料...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り648文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン