/

この記事は会員限定です

歌舞伎座4月公演

ベテランの思い ひしひしと

[有料会員限定]

平成掉尾(とうび)を飾る4月歌舞伎座は、第一線に立ち続けてきたベテランの至芸と、次代を担う中堅中心の舞台とが並ぶ。とりわけ前者には、演じ重ねてきた役をいとしむ思いがひしひしと伝わって、これだけの舞台が今後見られるかという思いが胸に迫る。

当代菊・吉の顔合わせの「鈴ケ森」は、権八と長兵衛それぞれの仁(にん)・柄・芸の量感、これ以上は望めまい。両横綱そろい踏みの豪奢(ごうしゃ)さが、そのまま狂言の醍醐...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り551文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン