東芝LNG売却、暗礁に 契約先が解除要求 経営再建影響も

2019/4/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東芝は11日、米液化天然ガス(LNG)事業を売却する予定だった中国の民間ガス大手、ENNグループから契約解除を求められたと発表した。同事業を巡っては、巨額の損失が発生するリスクが指摘され、売却を決めていた。計画が白紙に戻れば、東芝の経営再建に影響が生じかねない。

(関連記事企業1面に)

東芝のLNG事業は2020年から米テキサス州で、シェールガスをLNGに加工するもの。13年に権益を取得していた。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]