一歩踏み出すあなたに(7) 真剣な挑戦、何かが残る 作家 池井戸潤氏

2019/4/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

仕事はあるだけでありがたい。戦争中に苦労した祖母のこの発想は、ぼくの原点だ。まずは職に就き、自立するのが社会人の一歩だ。この春、なんらかの職に就いた皆さん、おめでとうございます。

ぼくは「オレたちバブル入行組」の半沢直樹と同じ1988年に都銀に入った。絶対に銀行員になりたいと思っていたわけではないけれど、仕事は面白かった。配属支店には優秀な先輩がいて、仕事の基本を全て教えてくれた。新入社員にとっ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]