/

この記事は会員限定です

先祖伝来 米沢の怪異譚

藩士が残した昔話 親子の手を経て現代語に 水野道子

[有料会員限定]

キツネが恩返しに置いていった茶釜が奇跡を起こし、火事場に怪鳥が飛ぶ。肝だめしで墓場に繰り出したものの、正体不明の「魔」がさして肝を潰した若者のあわてぶり。ちょうちんの灯に照らされて、闇夜からぬっと現れる異形の童子の正体は……。

★ ★ ★

上杉鷹山に仕える

江戸時代後期の天保12年(1841年)、米沢藩(現在の山形県米沢市)藩士の吉田綱富が自ら見聞きした怪異譚(たん)などをまとめた「童子百物かた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1518文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン