/

この記事は会員限定です

最貧国IT、国境越える

ミャンマー、AR教材 バングラ、音声で帳簿管理

[有料会員限定]

【ヤンゴン=新田裕一】ミャンマーやバングラデシュといったアジアの最貧国で先端技術を活用したスタートアップ企業が国際展開を始めた。拡張現実(AR)や音声認識技術を駆使して教育や金融分野などで出身国から日本も含めたアジア域内の国々に事業を拡大する。IT(情報技術)の普及でどこの国でも最新技術を導入しやすくなったため、テック企業台頭の波が最貧国にも及び始めた。

ミャンマーでARを使う教材を開発したのが「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1259文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン