/

この記事は会員限定です

加齢で皮膚はがれ出血 スキンテア、80~90代で増加

保湿で予防・ケア 「虐待」誤解に注意

[有料会員限定]

ちょっとしたはずみで、高齢者の皮膚が破れたり出血したりするスキンテア(皮膚裂傷)が医療や介護の現場で問題になっている。80歳代になると目立ちはじめ、治療や介助のために手足を軽くつかんだりしただけで生じることもある。一度起きると繰り返しやすく、肌を乾燥させないなどの予防やケアが大切だ。

手足の皮膚がめくれて、血だらけになっている。手足に皮下出血したような大きなあざができている――高齢者にこんなことが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1184文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン