連休前、情報共有は具体的に
属人的な仕事を解消

2019/4/9付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

新天皇即位に伴い、今年のゴールデンウイーク(GW)は最大で10連休となる。休暇明けの仕事にうんざりする若手も増えそうだ。長く休んだ後に快適に職場でリスタートするためにはどうすべきか。長期連休制度のある企業の社員から引き継ぎ術を探った。

Web広告の効果測定システムを手がけるロックオンで、営業課長兼新卒採用責任者の広遥馬さん(26)は3月中旬から13連休を取得し、アフリカ3カ国を旅した。同社は20…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]