/

この記事は会員限定です

大阪市港区、小学生の発想を製品に

ものづくりの町、官民連携

[有料会員限定]

大阪市の港区のものづくり企業が中心となって、地元の小学生のアイデアをもとに製品開発に乗り出した。第1弾として、遊べるシェルター、ボールを打つ器具を2019年度中にも製品化する。子供たちにものづくりの楽しさを味わってもらい、地域課題の解決にもつなげる。

地元企業でつくる団体や港区役所、大阪商工会議所などでつくる港区産業推進協議会が主体。同区に人材育成のリバネス(東京・新宿)が大阪本社を開設した縁もあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り426文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン