/

この記事は会員限定です

「働きやすさ」知れば変わる

女性活躍推進法施行から3年 利害や不安 個別に対応を

[有料会員限定]

女性活躍推進法の全面施行から3年。日本経済新聞社の調査では職場の対応が「進んでいる」は4割未満。ただ、女性の活躍推進の背景を「説明できる」人では、この割合が7割を超え、働きやすさの実感が高い。活躍の意味を知ると変化は進む。

女性活躍推進法の施行を巡り、働く人からは「女性に気を使いすぎて不公平感が生まれた」(製造業、49歳の男性)など不満が聞こえる。日本企業の多くは男性優位だっただけに、女性の活躍...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1725文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン