/

この記事は会員限定です

アパレル、ネット専業が台頭

需要予測にSNS活用 ZARA・H&Mは世界で大量閉店

[有料会員限定]

世界のアパレル産業で新しいビジネスモデルを持った新興ネット勢が台頭している。SNS(交流サイト)を活用したマーケティングや低コストのサプライチェーンを強みに、大手の間隙を突いて若い消費者の支持を集める。一方で急速な出店と大量生産で成長してきた「ZARA」「H&M」という世界大手2社は環境変化を前に、事業モデルの見直しを急いでおり、合計で年間400店規模の閉店に乗り出している。

「デザインがおしゃれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1709文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン