/

この記事は会員限定です

業績予測、AIで決算分析

ゼノデータ・ラボ 関洋二郎社長

[有料会員限定]

三菱UFJ銀行などが出資するゼノデータ・ラボ(東京・渋谷)は企業の業績を予測するソフトウエアを開発している。膨大な経済ニュースや企業の決算短信を人工知能(AI)で分析し、インターネットのブラウザー上で使うソフトを証券会社などに提供する。関洋二郎社長はAIで金融機関の業務を効率化できる余地は大きいとみる。

――どのように企業の業績を予測するのですか。

「提携する米ダウ・ジョーンズ社などの記事をAIで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り730文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン