デジタル活用 模索 店舗2割減、営業員配置も見直し

2019/4/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

野村ホールディングスが積極的な戸別訪問や電話勧誘で「猛烈」とも称された営業スタイルを見直す。国内で総店舗の2割に相当する30店以上を統廃合で減らし、顧客の属性にあわせた営業員の配置に切り替える。投資家の高齢化に伴う市場構造の変化への対応が急務だが、デジタルを活用した新しい営業はまだ模索の段階にある。

「『駅前一等地、路面店』という全国一律のコンセプトは見直す」。4日の説明会で、営業部門を担当する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]