/

この記事は会員限定です

アジア運用資産、首位狙う

三井住友DS社長に聞く

[有料会員限定]

三井住友アセットマネジメントと大和住銀投信投資顧問が経営統合し、三井住友DSアセットマネジメントが1日に発足した。インタビューに応じた松下隆史社長は海外戦略を加速させ、「アジア関連の運用資産規模で国内で首位を目指す」と述べた。運用業界では手数料の下げ圧力が強まっている。統合で顧客基盤や運用力を底上げし、競争力を高める。

三井住友DSアセットの運用資産は約17兆円(2018年末の単純合算)となる。旧...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り484文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン