導入進める日本、災害対応に課題

2019/4/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

キャッシュレス難民は世界共通の課題だ。スウェーデンでは国内銀行が電子決済手段の「スウィッシュ」を普及させ、現金流通高は国内総生産(GDP)比で1%程度と2000年代初めの4%超から低下した。その結果、現金を使えない店舗が増えて社会問題になった。

中央銀行のリクスバンクが対応策として考案したのは、デジタル通貨「eクローナ」構想だ。国の信用力に支えられたデジタル通貨を普及させ、金融サービスを受けられ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]