/

この記事は会員限定です

中小企業の「終活」に伴走

栃木県よろず支援拠点 チーフコーディネーター 矢口季男氏

[有料会員限定]

中小企業の事業承継が大きな社会問題になっている。ただ、すべての企業が後継者や承継先を見つけられるわけではない。栃木県よろず支援拠点(宇都宮市)の矢口季男チーフコーディネーターは、企業の「終活」に伴走してきた。「円滑な店じまいは社会にとっても有益。経営者は廃業も選択肢の一つとして知ってほしい」と話す。

「最悪、破産も避けられないと思っていた」。2018年末、栃木県内のある自動車部品メーカーが会社をた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り686文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン