セブン、面積1割広く 人気の冷食など充実

2019/4/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

セブン―イレブン・ジャパンは店舗面積を1割広げる。4月下旬以降に開店する新店が対象で数百店を展開する。販売が伸びているコーヒーなどのカウンター商材や冷凍食品を充実する。利用客1人当たりの購入額を伸ばすことで、店舗の売上高を増やす。

標準店舗の面積は199平方メートルだが221平方メートルにする。レジ横のカウンターを広げ、いれたてコーヒーや揚げ物などの商品を増やす。冷蔵商品の売り場も広げるほか、冷…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]