/

この記事は会員限定です

再生エネ、コスト下げ必須

[有料会員限定]

政府が掲げた二酸化炭素(CO2)の排出をゼロとする目標の達成に向け、欠かせないのが再生可能エネルギーによる発電コストの引き下げだ。政府は再生エネを将来の「主力電源」と位置づけるが、コストは国際的にみて高く、普及が進まない恐れがある。

政府は2012年に始めた固定価格買い取り制度(FIT)で再生エネの普及を後押ししてきたが、高コスト体質も残す。太陽光の買い取り価格は19年度で1キロワット時あたり14...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り243文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン