/

この記事は会員限定です

島津製作所、アルツハイマー 米国で受託解析

[有料会員限定]

島津製作所の田中耕一シニアフェローは同社が開発したアルツハイマー病の原因物質を検出する受託事業について米国でも始める方針を明らかにした。2019年度前半にも始める。同事業は18年8月から国内で開始している。アルツハイマー病の治療薬などの研究が盛んな米国でもニーズが見込めるとして、現地の研...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り140文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン