おいしいあの店 定額制で
サブスクの波、うどん・持ち帰りランチにも 顧客を囲い込み、運営効率に効果

2019/4/1付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

新生活が始まる春は何かとお金がかかる。せめて日々のランチ代を節約したいと考える人も多いだろう。そんなビジネスパーソンに役立つのが、飲食店のサブスクリプション(定額制)サービスだ。毎月540円でうどんが食べられる、1万2000円で120店のランチから好みの商品を選んで持ち帰ることができるといったサービスが登場している。

1月、東京都大田区のJR蒲田駅近くに開店したミノラス食堂。月~金曜の午前7時~…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]