/

この記事は会員限定です

全銀協新会長・高島氏に聞く

資金洗浄対策、6月から厳格化

[有料会員限定]

全国銀行協会の新会長である高島誠・三井住友銀行頭取=写真=は日本経済新聞のインタビューに「マネーロンダリング(資金洗浄)対策が今年度で最も大きなテーマだ」と語った。大手行では6月から、海外への送金など金融取引で本人と確認できるよう手続きを順次厳しくしていくとの見通しも示した。高島氏は1日付で全銀協会長に就任。

今秋に国際組織の金融活動作業部会(FATF)の調査団が来日し、国内の資金洗浄対策が十分か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り293文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン