「科学に懐疑的」世界で35%に

2019/4/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

■米スリーエム 世界14カ国の約1万4千人を対象に、科学に対する意識調査を実施した。87%が「世界の諸問題の解決には科学の力が必要」と引き続き高い期待感を示す一方で、科学に懐疑的な見方をする人も35%となり、前年を3ポイント上回った。

2018年に、インターネット上のアンケートや直接の面接を通じて調査した。

「科学は好奇心を刺激する」と72%が答え、肯定的な意見が大半を占めた。一方…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]