/

この記事は会員限定です

若手社員、就職は「職種別採用望む」4割

[有料会員限定]

就職活動を乗り越え入社した1~3年目の社員の4割が、早くも将来のキャリアの道筋が見えないと不満を抱えている。日本経済新聞社が学生サイト「NIKKEI STYLE U22」開設に際し就職情報大手ディスコ(東京・文京)と実施した共同調査でわかった。最初の配属を重視し、仕事内容が想定しやすい職種別採用が望ましいと考える若手社員は4割を超える。就活に臨む学生にとっては、キャリアの進路を見据えた企業選びが、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1805文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン