/

この記事は会員限定です

国際的な法務人材 育てる

慶大「仲裁人」コース新設 早大・神戸大も独自課程

[有料会員限定]

有力大学の大学院が法曹養成コースとは別に、グローバルな企業法務に精通した人材育成に乗り出した。慶応義塾大学が4月から国境を越えたビジネス紛争を解決する国際仲裁人の育成コースを開設する。早稲田大学も知的財産コースを開講している。国際的な法慣習に沿った教育プログラムを充実させ、日本国内で専門知識を習得できる環境をつくる。

「大学こそがグローバルな法務人材の養成を先導する役割を果たさなければならない」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1023文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン