第一三共、抗がん剤でアストラゼネカと提携 最大7600億円受領

2019/3/29付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

第一三共は29日、開発中の抗がん剤を巡り英製薬大手アストラゼネカと提携すると発表した。臨床試験(治験)や販売を共同で手がけ、第一三共は対価として最大で69億ドル(約7600億円)を受け取る。第一三共はがん領域を次の成長の柱と位置づけ、開発を強化している。がん領域に強く世界に販売網を持つアストラゼネカとの提携で新薬の価値を高める。

対象となる抗がん剤は「トラスツズマブ・デルクステカン(開発名DS―…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]