八十二銀、業務改革を加速
費用かけず15万時間超削減 対面営業や人材育成に力

2019/3/29付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

八十二銀行は大幅な業務改革にカジを切る。部門横断的なプロジェクトチームを立ち上げ、この1年間で働き方の見直しなどによって15万時間分を超える業務を削減。4月以降も継続する。これだけ大幅な業務削減をコストをかけずに実現した地方銀行は珍しいという。残業を削減すると同時に、浮いた時間を対面営業の強化など収益力の底上げにつなげる。

2018年4月に立ち上げたプロジェクトチームを通じ、全職員から意見や要望…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]