厚労省、実質賃金公表を当面見送り 同一事業所比較できず

2019/3/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

毎月勤労統計の不正調査問題で、厚生労働省は同一事業所のみを比較した実質賃金の公表を当面は見送る方針だ。29日に開く有識者検討会で中間整理として示す。景気の実態を把握するには同一事業所での比較値が必要と野党が求めていたが、厚労省は現時点で算出が難しいと判断した。

毎月勤労統計は1人あたりの平均給与や労働時間などを調べる。調査対象の事業所を定期的に入れ替えている。厚労省が公表している実質賃金は全事業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]