/

この記事は会員限定です

微生物・床振動…電気に 身近で発電、充電いらず

IoT機器動かす

[有料会員限定]

身の回りにある微生物や振動から微弱な電気を作る技術に注目が集まっている。旭化成は微生物が出す電気を集めて発電。慶応大学発スタートアップの音力発電(神奈川県藤沢市)は、人の歩く振動を電気に変える。充電や電池交換なしに長期に電力を供給できることから、センサーなどの電源にすれば、データ収集が容易になる。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の普及を後押ししそうだ。

振動や熱から電気を得る技術は「エネルギーハ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り913文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン